文字サイズ

2017.07.17開催状況

過去の開催状況一覧

*順不同・敬称略・所属等は当時

2018/9/13 第 27回研究会(熊本・菊池グランドホテル)

☆ 大シンポ
西村淳(神奈川県立保健福祉大学)
原田啓一郎(駒澤大学)
柳澤 武(名城大学)
川久保寛(神奈川県立保健福祉大学)

☆小シンポ+関報告
川島通世(弁護士)
水谷紀子(社会福祉士)
丸尾はるな(弁護士)
西森利樹(熊本県立大学)
関ふ佐子(横浜国立大学)

2018/7/23 第 26 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 荻谷聡史(弁護士)
「定年後再雇用をめぐる法的問題」

☆本間郁子(Uビジョン研究所 理事長)
「特別養護老人ホームにおける第三者評価の役割と課題」
~実効性のある評価制度の実現~

2018/6/30 第 25 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 秋元美世(東洋大学)
「<高齢者法>および<高齢者の人権>についての意味づけ」

☆田中恒司(弁護士)
「高齢者の財産管理」

2018/5/12 第 24 回研究会(上智大学・法学部大会議室)

研究会全体のタイトル:「高齢者医療・介護と法」

☆ 樋口範雄(武蔵野大学)
 「総論(企画趣旨)および日本の問題状況」
☆関ふ佐子(横浜国立大学)
「アメリカ」
☆小舘尚文(アイルランド国立大学ダブリン校)
「イギリス&アイルランド」
☆岩田太(上智大学)
「オーストラリア」
☆洪性珉(ホンソンミン、韓国法制研究院)
「韓国
☆川久保寛(神奈川県立保健福祉大学)
「ドイツ」
☆柴田洋二郎(中京大学)
「フランス」

2018/4/28 第 23 回研究会(かながわ労働プラザ)

☆安藤 孝敏(横浜国立大学)
「社会老年学の成果と課題」

☆関 ふ佐子(横浜国立大学)
☆柳澤 武 (名城大学)
「アメリカ高齢者法視察報告」

2018/3/29 第 22 回研究会(かながわ県民センター)

☆鈴木 ゆめ(横浜市立大学 医師)
「高齢者の事故と責任」

☆余 乾生(横浜国立大学 博士課程後期)
「中国の高齢者をめぐる法制度」

2018/2/22 第 21 回研究会(TKPホテル&リゾート レクレート熱海桃山)

☆丸尾はるな(弁護士)
「高齢者あるある」(仮)

☆西森利樹(横浜国立大学)
「高齢期の意思決定に対する支援における法的課題」

☆川島通世(弁護士)
「高齢者の方への意思決定支援の試み(追加報告)」

2017/12/14 第 20 回研究会(かながわ県民センター)

☆川島 通世(弁護士)
「従来制度にあてはまりにくい高齢者支援の試み」

☆西森 利樹(横浜国立大学)
「意思決定支援における法制度と実務の狭間」

2017/09/28 第 19 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 関 ふ佐子(横浜国立大学)
「高齢者法の保障内容」

☆ 山本 臣治(社会保険労務士)
「10年に短縮された公的年金の受給資格期間」

2017/08/01 第 18 回研究会(湘南国際村センター)

テーマ : 学会準備報告
報告者 : 川久保寛(神奈川県立保健福祉大学)
関ふ佐子(横浜国立大学)
西村淳(神奈川県立保健福祉大学)
原田啓一郎(駒澤大学)
柳澤武(名城大学)

2017/05/22 第 17 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 上 山   泰 (新潟大学)
「現代民法における意思能力概念の意義―障害者権利条約12条との整合性を踏まえて―」

☆ 田 中  誠 一 (弁護士)
「最近の認知症事例からみた課題」

2017/02/24 第 16 回研究会(横浜国立大学)

☆  関   ふ 佐 子 (横浜国立大学)
「高齢者特有の法的課題」

☆ 丸 尾  は る な (弁護士)
「高齢者事件処理上の注意点~高齢者あるある~」

2016/12/09 第 15 回研究会(かながわ労働プラザ)

☆ 川久保   寛 (神奈川県立保健福祉大学)
「研究報告:成年後見人の横領と裁判所の国家賠償責任」

☆ 川 島  通 世 (弁護士)
「高齢者の土地賃貸借契約解除通知の受領能力が問題となった裁判例について」

2016/10/31 第 14 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 本 澤  巳代子 (筑波大学)
「在宅介護と家族-ドイツの例を参考に-」

☆ 中 野  智一朗 (弁護士)
「高齢者が関与した事件の事例報告」

2016/09/05~06 第 13 回研究会・熊本合宿

☆ 被災地視察

☆ 特別養護老人ホーム見学

2016/06/29 第 12 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 鈴 木  ゆ め (横浜市立大学)
「無理をしない認知症との付き合い方」

☆ 渡 邉   穣 (弁護士)
「弁護士の引退時期に対する私的考察~実務の中で経験した具体的ケースを通じて」

2016/04/23 第 11 回研究会(横浜市開港記念会館)

☆ 清 水  泰 幸 (福井大学)
「被用者の引退と所得保障:在職老年年金と年金支給開始年齢に係る部分を中心に」

☆ 嶋 田  佳 広 (札幌学院大学)
「雇用年金と年金保険の接続・非接続」

☆ 脇 野  幸太郎 (長崎国際大学)
「被用者の引退過程と所得保障」

2016/02/23 第 10 回研究会(横浜市開港記念会館)

☆ 岡 崎  まゆみ (帯広畜産大学)
「事例紹介:高齢者の内縁関係解消をめぐる財産分与について」

☆ 丸 尾  はるな (弁護士)
「高齢者をめぐる法律相談~2015年を振り返って~」

2015/12/21 第 9 回研究会(千代田会館ビル)

☆ 本 田  達 郎 (人事院公務員研修所)
「高齢者医療-その財源構造と終末期医療をめぐる課題-」

☆ 檜 垣  智 子 (弁護士)
「高齢者の財産管理」

2015/10/30 第 8 回研究会(横浜市開港記念会館)

☆ 西 村   淳 (北海道大学)
「多元化する地域ケアにおける公的責任-日英の高齢者介護制度の比較から-」

☆ 田 中  恒 司 (弁護士)
「事例報告~親族の一部が認知症の本人を囲い込み、他の親族による後見申立てが困難となった事例~」

2015/09/10 第 7 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 島 村  暁 代 (信州大学)
「高齢期の所得保障」

☆ 山 本  臣 治 (社会保険労務士)
「高齢者の遺族年金-事例で見る受給権発生の要点」

2015/06/26 第 6 回研究会(かながわ県民センター)

☆ 川 島  通 世 (弁護士)
「成年後見支援信託制度(事例報告と事件数)」

☆ 西 森  利 樹 (横浜国立大学)
「法人後見の果たすべき役割-立法過程、実態調査およびアメリカ公的後見人制度-」

2015/04/23 第 5 回研究会(駒澤大学)

☆ 本 間  郁 子 (Uビジョン研究所)
「特養ホームにおける人権を3つの課題から考える」

☆ 原 田  啓一郎 (駒澤大学)
「生活施設の利用者をめぐる諸問題とその論点-本間報告を受けて」

2015/02/27 第4回研究会(かながわ県民センター)

☆ 川久保   寛 (神奈川県立保健福祉大学)
「市民後見人制度について」

☆ 村 手  亜未子 (弁護士)
「ご本人にお金がなくて親族後見人に移行するのがふさわしい事案(実際には親族が支払ってくださっています)や保佐人として親族と連携しながら活動している事案について」

2014/12/26 第3回研究会(かながわ県民センター)

☆ 柳 澤   武 (名城大学)
「年齢差別禁止法の下における判例法理の展開――どのような紛争が生じるのか?」

☆ 櫻 庭  涼 子 (神戸大学)
「年齢差別禁止法の趣旨――なぜ立法に至ったのか?」

☆ 佐 藤   亮 (弁護士)
「高齢者雇用定法と実務対応」

2014/10/30 第2回研究会(かながわ県民センター)

☆ 川 島  通 世 (弁護士)
「高齢者の法律問題における悩みごと」

☆  関   ふ佐子 (横浜国立大学)
「高齢者特有の法的支援」(Elder Law Casebook第2章など参照)

2014/08/27 創設研究会(横浜国立大学)

☆  関   ふ佐子 (横浜国立大学)
「高齢者法の全体像と将来展望」
研究会の設立趣旨説明、今後の運営に向けた相談

☆ 伊奈川  秀 和 ((元) 厚生労働省、九州大学)
「高齢者をめぐる社会保障政策の最新動向①」

戻る

ページトップへ戻る